ニキビ化粧水 > ニキビ化粧水~ニキビ痕の3つの種類~

それぞれのニキビ痕に合った適切なケアとは?

ニキビ化粧水~ニキビ痕の3つの種類~

皮脂の分泌が多くなる時期はニキビができるのが気になります。肉体的な疲労や精神的な疲れが増えてくるとニキビがでてきます。ニキビができる悩みもありますが、もっと気になるのが<ニキビ痕>ではないでしょうか?

綺麗にニキビが治ってツルンとしたお肌に戻ればいいのですが、間違ったスキンケアをしているとニキビ痕になってしまうことがあります。

ここではニキビ跡を消す予備知識として、ニキビ痕の3つの種類をご説明します。(1)ポツンと赤味がある炎症タイプ(2)ブラウン系のニキビ痕になる色素沈着タイプ(3)お肌の表面が凸凹にクレーター状になってしまうタイプです。 まずは「ニキビ痕とは何か?」を理解することから始めましょう。

1番目は、<ポツンと赤味がある炎症タイプ>です。 このタイプは、ニキビの炎症もなくなり膿やニキビの芯も無くなって皮膚の表面は真っ直ぐになっているのに赤味が消えてなくなってしまわない状態のことです。

ニキビができていて痛みがあったりジクジクしているときは芯があったり化膿している場合です。 そういう時期はデリケートに慎重にスキンケアに気配りをします。ですがピークが過ぎて赤味だけになると気持ち的にはホッとしてしまいます。けれども、こういった段階でもお肌の炎症は継続中なのです。

ニキビ痕には至ってませんが、まだまだ油断をしてはいけません。スキンケアを怠らないようにして欲しいです。

2番目は<ブラウン系のニキビ痕になる色素沈着タイプ>です。お肌に炎症が起きた場合に身体は保護機能が働きメラニンを作り出します。そのメラニンが正常なターンオーバー(新陳代謝)ができなくなると色素沈着してしまいます。

シミができるのと同じメカニズムです。一度ブラウンになっても、正常なターンオーバーができるようになればいいでしょう。ニキビ痕を残すことなくツルンとしたお肌に戻れる可能性があります。

3番目は<お肌の表面が凸凹にクレーター状になってしまうタイプ>です。ニキビの炎症が治まったあとに、お肌がまるで月のクレーターのように隆起したり陥没してしまうタイプでとても気になるお肌状態になってしまいます。

炎症が繰り返すことによってお肌表面が損傷されているのでしょう。毛穴で発生した炎症が周囲にある正常なお肌にまで悪影響を及ぼします。でこぼこ状態になるのはダメージを受けた皮膚ができるだけ早く修復しようとすることでできるのです。

以上、ニキビ痕の3つの種類をご紹介しました。
ワミレス

ニキビ跡がしこりになる原因と治療方法

ニキビが酷くなると、凸凹したニキビ跡や色素沈着、しこりとなって肌に残ってしまいます。 中にはしこりに触れると痛むものもあり、できるだけしこりになる前に治療したいところです。

■しこりができる仕組み
ニキビができると最初は白く、炎症を起こすと赤くなっていきます。 本来ならば自然に治っていきますが、体のコンディションやターンオーバーが正常でない場合は完治までに時間がかかってしまいます。

しかも、やっと治ったと思っても繰り返しニキビが発生することもあり、皮膚の組織が壊れてニキビ跡やしこりができやすくなります。

①炎症
毛穴に皮脂が溜まるとニキビができ、皮脂をエサとするアクネ菌が増加して炎症を起こします。

②膿が溜まる
血液には好中球という白血球が存在しているのですが、これがアクネ菌を刺激して炎症を悪化させてしまうことがあります。すると膿疱性挫創という炎症ニキビになり、膿が溜まった状態になります。

③炎症が毛穴周辺にまで広がる
アクネ菌が好中球に攻撃されたままの状態でいると、毛穴の壁が破壊され、毛穴周辺にまで拡大して炎症が起きてしまいます。痛みが伴う硬結ニキビとなり、熱を帯びたしこりができます。

何度も炎症が起きると、壊された真皮を治そうとして細胞が沢山作り出されるのですが、これがしこりになって肌に残ってしまうのです。自力でしこりを治すのは困難であり、何十年経ってもしこりが消えないことも珍しくありません。

一生残ることもあり、除去したい方は専門の医療機関で治療を受ける必要があります。

■しこりの治療方法
炎症が起きた段階で皮膚科で治療を受け、しこりを未然に防ぐことが大切です。既にできてしまったしこりについては、レーザー光を照射するフラクセルレーザーや、切開手術、ケミカルピーリングなどの治療によって除去できます。

安全性が高さでいうとフラクセルレーザーが優れており、切開手術は傷痕が残る可能性が高く、現在はほとんど実施されていないようです。

ニキビが潰れた時のNG行為とケア方法とは?

ニキビができると、ついつい潰してしまう人が多いみたいですが、ニキビ跡残る可能性が高いので注意しましょう。潰してしまった場合や潰れてしまった場合は、正しい方法でケアすることが大切です。

■悪化させない方法
ニキビが潰れると毛穴が開くので、引き締め成分が配合されている化粧水を使いましょう。 潰れる前は、炎症を抑制させる効果があるグリチルリチン酸が配合されているものがオススメです。ニキビが潰れた後に使うのも効果的です。

■ニキビが潰れた後のNG行為
ニキビを潰した後はできるだけ手で触れないようにしましょう。 雑菌がつくと炎症を引き起こしてしまいます。

■ニキビ跡別のケア方法
ニキビ跡は大きく3つに分けることができます。 それぞれに適したケアを行って、ニキビ跡を軽減させましょう。

①シミ
茶色いシミになって残るニキビ跡は、炎症性色素沈着によるものです。時間の経過とともに消えることがありますが、ずっと残ってしまうことも珍しくありません。

美白化粧品を使うのもいいですし、ピーリングも同時に行うと治りが早いと言われています。 日に焼けてしまうとなかなか消えなくなるので、紫外線対策を忘れないようにしましょう。

②赤いニキビ跡
ニキビの炎症がなくなり、膨らみが治まった後、赤いニキビ跡が残ることがあります。2~5年くらいで消えることが多いのですが、何年も赤みが残り続けるのは嫌ですよね。日焼けをしないように紫外線対策を行い、ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うと効果的です。

③凸凹した陥没タイプ
クレーターとも言われていて、改善するのが困難なニキビ跡です。なぜなら毛穴そのものが壊れた状態なので、元通りに修復することができないからです。ニキビの炎症が毛穴周辺にまで広がると、クレーターになって残る恐れがあります。

炎症を起こしやすい肌質の人や、肌が硬めの人は特にできやすい傾向にあり、改善する為にはピーリングによる治療を受ける必要があります。自分で市販のピーリング剤でケアをしてもあまり効果がないので、美容皮膚科に相談することをオススメします。