ニキビ化粧水 > ニキビ化粧水~ニキビ痕の3つの種類~

それぞれのニキビ痕に合った適切なケアとは?

ニキビ化粧水~ニキビ痕の3つの種類~

皮脂の分泌が多くなる時期はニキビができるのが気になります。肉体的な疲労や精神的な疲れが増えてくるとニキビがでてきます。ニキビができる悩みもありますが、もっと気になるのが<ニキビ痕>ではないでしょうか?

綺麗にニキビが治ってツルンとしたお肌に戻ればいいのですが、間違ったスキンケアをしているとニキビ痕になってしまうことがあります。

ここで、ニキビ痕の3つの種類をご説明します。(1)ポツンと赤味がある炎症タイプ(2)ブラウン系のニキビ痕になる色素沈着タイプ(3)お肌の表面が凸凹にクレーター状になってしまうタイプです。 まずは「ニキビ痕とは何か?」を理解することから始めましょう。

1番目は、<ポツンと赤味がある炎症タイプ>です。 このタイプは、ニキビの炎症もなくなり膿やニキビの芯も無くなって皮膚の表面は真っ直ぐになっているのに赤味が消えてなくなってしまわない状態のことです。

ニキビができていて痛みがあったりジクジクしているときは芯があったり化膿している場合です。 そういう時期はデリケートに慎重にスキンケアに気配りをします。ですがピークが過ぎて赤味だけになると気持ち的にはホッとしてしまいます。けれども、こういった段階でもお肌の炎症は継続中なのです。

ニキビ痕には至ってませんが、まだまだ油断をしてはいけません。スキンケアを怠らないようにして欲しいです。

2番目は<ブラウン系のニキビ痕になる色素沈着タイプ>です。お肌に炎症が起きた場合に身体は保護機能が働きメラニンを作り出します。そのメラニンが正常なターンオーバー(新陳代謝)ができなくなると色素沈着してしまいます。

シミができるのと同じメカニズムです。一度ブラウンになっても、正常なターンオーバーができるようになればいいでしょう。ニキビ痕を残すことなくツルンとしたお肌に戻れる可能性があります。

3番目は<お肌の表面が凸凹にクレーター状になってしまうタイプ>です。ニキビの炎症が治まったあとに、お肌がまるで月のクレーターのように隆起したり陥没してしまうタイプでとても気になるお肌状態になってしまいます。

炎症が繰り返すことによってお肌表面が損傷されているのでしょう。毛穴で発生した炎症が周囲にある正常なお肌にまで悪影響を及ぼします。でこぼこ状態になるのはダメージを受けた皮膚ができるだけ早く修復しようとすることでできるのです。

以上、ニキビ痕の3つの種類をご紹介しました。