大人ニキビってどんなニキビなんでしょうか?

大人ニキビに効果的な治療法とは?

大人ニキビってどんなニキビなんでしょうか?

二十歳前の思春期にニキビはできなかったのに三十歳代になってニキビができたりすることもあります。 これが大人ニキビと言われるものです。大人ニキビは、思春期ニキビとは違って原因も治療方法も異なります。ここでは、大人ニキビはどういったニキビなのかを説明しましょう。

ニキビのできる場所が脂っ気が少ないところの顔下半分ならば大人ニキビの可能性があります。 特徴としては「男性の髭が生える部分にできやすい」ことです。 個人差がありますが中には胸や背中にできる場合もあります。

――では、大人ニキビは何故できるのかを簡単に解説します。思春期のニキビは「頬や額の周辺にできることが多かった」と思います。これは汗の出るところ(脂線)に多く出るからです。脂分が多くでることで毛穴が詰まってしまい炎症をおこしニキビができるのです。

一方の大人ニキビは男性ホルモンが影響してできるニキビです。 男性ホルモンとはストレスに対抗するホルモンです。ストレスが強くなれば、それだけ男性ホルモンが刺激されて分泌量が多くなってニキビになります。

――では、大人ニキビはどのように改善すればいいのでしょうか? 大人ニキビは身体の内部のホルモンが原因になっています。 外からニキビクリームなどを塗っても意味がありません。

外用薬を塗布するよりも男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを正常に戻すことが大切です。 何年もの間、大人ニキビで悩んでいたのにも関わらず、病院でホルモン治療をしたら数カ月でお肌が綺麗になる事例がたくさん報告されています。まずは病院で検査や採血をして原因をはっきりさせましょう。

――次に、大人ニキビの予防方法について解説します。 何と言っても大切なのは<ストレスを減らすこと>です。 またニキビはお肌の炎症ですから冷やすことは効果があります。

アルコール綿を使ってニキビの部位だけを丁寧に消毒しましょう。 絶対にしてはいけないのが自分でニキビを潰すことです。 皮膚科クリニックなどの専門病院で適切な処置をしてもらいましょう。

――では、ニキビ跡は改善できるのでしょうか?真皮に傷がついていなければ改善できます。お肌にとって大切なことは3つあります。

1番目は<材料を補充すること>です。
例えばヒアルロン酸やコラーゲンを作るのに必要な食材を多めに摂取しましょう。
2番目は<傷害をさけること>です。
具体的には活性酸素を取りのぞいたり、紫外線対策をすることを心がけましょう。
3番目は<お肌の再生を促進すること>です。
正常なターンオーバー(新陳代謝)ができるようにする事です。

お肌は毎日のように生まれ変わり続けています。1日だけではっきりと効果が現れてきません。 しかし正しいスキンケアをしておけば、美しく健康なお肌をキープできるでしょう。