東洋医学の漢方薬で大人ニキビを治療しましょう!

漢方薬のニキビに対する効果とは?

東洋医学の漢方薬で大人ニキビを治療しましょう!

大人ニキビの治療方法はいろいろありますが、今回は「東洋医学の漢方薬で大人ニキビを治療すること」のお話です。「漢方」「中国医学」「インド医学」「チベット医学」を総称して<東洋医学>と呼んでいます。

東洋医学の治療法は患者の身体全体を見る「全体医学」です。独特の手法・テクニックで人間の身体を活性化します。人間がもともと持っている「自然治癒力」「生命力」「抵抗力」「回復力」を向上させることを中心に考えます。

大人ニキビを治療する場合は(1)漢方薬による薬物療法(2)鍼灸・気孔などの物理療法があります。 東洋医学は多くの経験を積んだ結果として成り立っています。 治療効果はとても高いですから期待できるでしょう。

では、もう少し大人ニキビと漢方治療について説明します。漢方治療は、病気の原因をはっきり見つけることを目的としません。身体全体のバランスを整えることを重視しています。 大人ニキビができにくい体質に改善することが目的になります。

漢方薬は西洋医学で利用する抗生物質とは異なり身体への負担がないのが特徴です。劇的な効果は期待できませんが、緩やかな効き目で身体にもやさしいでしょう。

その効果は早い人の場合は1週間程度、一般的には2週間漢方薬を服用すれば、新しい大人ニキビのできかたが違うと言われます。生活環境・季節波動・人間固有の体質や体調によっても効果が違います。

主に処方されるのは「十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)」「荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)」「ヨクイニン(ハトムギ)」です。大人ニキビはホルモンバランスの乱れや冷え性が原因になっている場合もあります。

症状や体質にぴったりの漢方薬を服用することで、大人ニキビのみならず他の症状の改善されるのです。 漢方薬の効果が最も発揮できるタイミングは空腹時です。だから食前とか食間に服用するようにと指示されます。でも飲み忘れた場合は食後でもいいでしょう。

大人ニキビが一向に改善されないという場合には、漢方に詳しい皮膚科専門医を探してみてはどうでしょうか?漢方薬は健康保険が適用できますので安心です。