大人ニキビ治療の3つのポイントとホルモンバランス

大人ニキビを解消しましょう!

大人ニキビ治療の3つのポイントとホルモンバランス

大人になってニキビができると嫌な気分になって悩んでいる人も多いでしょう。 ここでは、大人ニキビ治療の3つのポイントとホルモンバランス治療についてお話をします。 まずは【大人ニキビ治療の3つのポイント】です。

1番目は<ニキビ筋をピンポイントで駆除すること>です。 毛穴がつまるとアクネ菌が繁殖しますが、これを直接駆除しましょう。 原因になるアクネ菌がいなければ毛穴が詰まっても大丈夫です。

・抗菌作用のある外用薬・内服薬を使う方法 ・特殊な光を患部に照射して大人ニキビ菌を駆除するフォトフェイシャル法 この2種類の方法が有名です。

2番目は、<皮脂・角質を除去すること>です。 大人ニキビの原因物質である古い角質や皮脂を皮膚の外側から取りのぞく治療方法です。

・洗顔を含めた正しいスキンケア ・皮脂や角質を剥ぎ取るケミカルピーリング この2種類があります。

3番目は<体内から根本的に治療すること>です。ホルモン治療や東洋医学により、体質改善をします。 皮脂が過剰分泌して大人ニキビを作りだす原因を身体の内部から除去します。こういった治療法は健康保険の適用外になっている場合もありますので高額な費用が問題です。より安くニキビ対策をしたいと思ったら、背中ニキビ化粧水ランキングなどを参考にするとよいでしょう。

では次に最近注目されている【ホルモンバランス治療】について説明します。 これはホルモンをコントロールする器官や視床下部に直接働き変えることによってホルモンバランスを整えて大人ニキビの原因をケアしてゆきます。

ホルモンバランスと密接な関係があるのが<ストレス>です。 人間はストレスを受けると、それに打ち勝とうとして視床下部はストレス適応ホルモン(アドレナリンや副腎皮質ステロイドホルモンなど)の分泌を盛んにします。

ストレス適応ホルモンは男性の場合は精巣から分泌され女性は副腎から分泌されます。通常の場合視床下部は危機的状況を脱したらホルモン分泌をストップします。

しかし、このストレス状態が長くなるとホルモンを分泌し続けます。結果、ホルモン分泌関連器官(ホルモン分泌器官や視床下部などの脳下垂体など)の制御機能が麻痺してしまいます。

副腎の制御ができなくなるとストレス適応ホルモンは垂れ流し状態になります。不要な男性ホルモンまで分泌してホルモンバランスが崩れ大人ニキビの原因になります。視床下部に直接働きかけるという意味は<ストレスを解消すること>と同意です。